「それでいい求人票って何なの?」というご質問に答えます!

良い人を採用するためのヒント

「いい求人票にしよう」と毎日のように言ってますが、具体的に何をどうすれば「いい求人票」になるのか。その辺りをお話していきますね。

わたし人事なんですが、「早く誰か採用してよ」って社内のアチコチから言われるんです。

どうしたらいいですか?

社内の中で色々言われて大変ですよね。少しでも早く採用できるように頑張っていきましょう。

求人票を見直すことから始めるといいですよ。

実は「採用」は求人票だけよく書けていても不十分です。
でも、求人票がきちんと書けていることが最低限、なのです。
そこがスタートなので丁寧に取り組んでいきましょう。ある程度きちんと書けたら、まずは公開して、徐々に気がついたところを修正しながらやっていけばいいですよ。

いい求人票を書く目的は、ズバリ「応募してもらうこと」ですよね。
応募してもらうためには何が必要でしょうか。情報が足りていないと求職者は「この求人票、わかりづらい」と思ってその求人ページを閉じてしまいます。なぜなら、今はものすごい数の求人票が出回っているから。

あなたの会社でなくても、他にもいくらでも求人はあるので、わかりにくい求人を一生懸命に読み解く人はいないのです。

ということは・・・
「いい求人票」とは、情報がきちんと書いてあって応募しようと思ってもらえる求人票、ですね。

え、十分に情報は書いてあると思うのですが・・・なぜ応募がないんでしょうか

「求職者が欲しい情報」が書いてあることが大切です。

求職者の視点でもう一度見てみるといいですよ。

意外に「求職者の視点」というところが難しいようです。
ずっとひとつの会社で働いている方は、自分が転職する状況で求人票を見た経験はないと思いますので
なんとなくイメージしにくいかもしれません。


もし社内に中途入社の方がいたらアドバイスをしてもらったらどうでしょうか。
「うちの求人票を見たときにどう思った?」
「応募するのに情報は十分だった?」など聞いてみてください。

「そうですね。。あと少しこういう情報があったら、応募を迷わなかったかもしれません」と言ってくれたら、そこを修正しましょう。

「求人票を読み進めていくうちに、そこで働いている自分をイメージできるようになっていたんですよ」そんな風に言ってもらえる求人票にしたいです。

  • 最寄り駅から徒歩〇分
  • マイカー通勤もOKです。無料駐車場あります。
  • 配属予定の部署の人員構成
  • 入社したらまずこれをやってもらって、こんな風に仕事を覚えてもらいます。
  • OJTあります。丁寧に教えますので安心して入社してください

といったことに加えて、ぜひ書いてほしいのが「社内の雰囲気」です。「社風」「働いている人たちがどんな人か」などなど。
転職がうまくいくかは「カルチャーが合うか」が本当に大切なポイントです。

あと、もし書くことが可能なら、その職種ではマッチしなかった場合、社内の他の部署でのチャレンジができるとか。せっかく入社してその会社のことは好きなのに、仕事に馴染めなかった・・・たまたまその部署の上司と合わなかった・・・という可能性もなきにしもあらず。
そんな時、別の部署の仕事に挑戦してもらう、という道を用意するのはどうですか?

求人票にそこまで書くのはなかなか難しいかもしれませんが。

求人票にはぜひ、社風や配属先の人たちのことは書いてくださいね。
どんな人たちが働いているのかを知ってもらうと、スッと応募してもらえますよ。

そうは言ってもなんとなく自分だけでは修正しづらい・・と思われた方は、
お気軽に無料相談会をご利用ください。
下記からご予約いただけます。

コメント